マレーシアでの法務をサポートしてくれる会社について

法務

マレーシアは、経済活動がかなり盛んでシンガポールと並ぶ水準にあることから日本企業の進出先として注目されています。中国・タイなどが人件費の高騰と政治的背景な政情不安などで移転先をマレーシアに定めている企業が多くなっています。マレーシアにおける法律課題は多く、会社譲渡やM&Aなどは現地の法律に精通したローカル意見を言ってくれるサポート会社を利用することが大切になります。現地の情報を的確にとらえて法律面でのアドバイスを行ってくれるのです。

海外の言語での解釈や日本法に引き直した理解が不可欠になり、リーガル・コンサルティングカンパニーが日本人のスタッフと連携しながら仕事をしてくれます。マレーシアは、昔から華僑が経済を引っ張ってきた関係から細かいビジネス慣習がありそれを理解するのは専門知識が必要になります。企業譲渡もマレーシア法務を理解しておかないと後々トラブルに発展することになってしまいます。クライアントニーズに沿った折衝や法整備を進めてくれるのが現地のサポート会社です。東京オフィスを持っているケースもあり、クライアントの意向に沿って現地スタッフが問題点の解決に努めてくれます。従って細部にわたって要望を出しておけば解決は早くなり、現地への進出む迅速に運ぶことができます。マレーシアは、歴史的にも成り立ちと経済発展が複雑な関係を持っていることからも他の東南アジアの国と違って企業の買収にあたって注意すべき点が数多くあります。それらに対する指摘をしてくれるサポート会社の存在はとても助かります。

コメント