リッツカールトンはどんなホテル?発祥国や世界の展開

ラグジュアリー

リッツカールトンは、マリオット・インターナショナルが世界規模で運営しているホテルブランドです。発祥国はフランスで、1898年に「ホテル・リッツ」を開設した創業者のセザール・リッツは、続いて1899年にロンドンに「カールトン・ホテル」、1906年に「リッツ・ロンドン」を開店して上流階級向けの高級ホテルとして人気を博しました。セザール・リッツの死後もリッツの妻を中心に事業の展開が続き、ヨーロッパの各地にリッツの名を冠した高級ホテルが建設されました。

アメリカにおいては、「リッツ・カールトン投資会社」が「リッツ・カールトン」の商標使用権を獲得して、各地に高級ホテルを展開しました。その後1983年に「ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニー」に使用権が映り、日本にも1997年の大阪への進出からホテル展開が始まりました。1997年からはマリオット・インターナショナルの参加になり、世界各地への展開が続いています。

現在では、リッツカールトンは、アメリカ合衆国はもちろん南アメリカ諸国や中国、インド、韓国などのアジア諸国、ドイツ、ロシアなどのヨーロッパ諸国、さらには中東諸国を含む世界規模で展開されていて、どの地域においても、100年以上の歴史あるホテルにふさわしいサービスを提供して、高級ホテルとしての評価が定着しています。そのために従業員の採用にも気を配り、高いレベルの素養を持つ人物を採用することで定評があります。

コメント