一流の接客、リッツカールトンのサービスとは

ラグジュアリー

世界各地70か所でホテルやレジデンスを展開し、数多くの感動的なエピソードを残していることでも有名なリッツカールトン。国内外問わず世界最高の高級ホテルと評されています。その証明として、名誉な賞をいくつも受賞しています。
このように世界中で最高の接客とまで言わしめたリッツカールトンのサービスとは一体、どのようなものなのでしょうか。
一流の接客と言わしめたリッツのサービスには、有名なエピソードがいくつもあります。
プロポーズをしたいから椅子を貸してくれないかと頼み浜辺に行ったら、よく冷えたシャンパンと一輪の花が置かれたテーブル、そしてタキシードを着た従業員が待っていた。
大事な書類を宿泊したリッツの部屋に忘れてしまい、それを連絡したらホテルの従業員が飛行機で書類を届けてくれた。
ニューヨークのリッツに泊まった際、固い枕に変えてほしいと言ったら、次に泊まったモスクワのリッツでは要望通り固い枕に変わっていた。
廊下を歩いている時に友人と「今日で50歳」ということを話していて、部屋に戻ったらバースデーケーキとメッセージカードが用意されていた。
などなど、普通のホテルでは到底考えられないような特別なサービスを提供しています。しかもこれらは上司から指示をされて行ったのではなく、その場に居合わせた従業員が自分の判断で行っているのです。
宿泊したお客様に「満足」だけではなく「感動」を届ける。それこそリッツカールトンが一流の接客と呼ばれる理由なのです。

コメント