質の高いサービスを支える、リッツカールトンのクレドとは

ラグジュアリー

リッツカールトンのクレドとは、1983年にホテルカンパニーが設立された際、社長を中心に設立メンバーが考え方をまとめたものです。
どういうホテルならお客さんが常に行きたいと思ってもらうことがでるのか、そして他の人に勧めたいと思ってもらえるのかを話し合いました。
その結果、お客様への心のこもったおもてなしと快適さを提供することが大切な使命であると、リッツカールトンのクレドとして定められたのです。
クレドをもう少しわかりやすく言うと、お客様がホテルにやって来た時、気分がいいと感じてくださることが一番大切ということになります。
リッツカールトンの総支配人は、お客様に気分がいいと感じてもらうことが自分たちの仕事だと肝に銘じています。
それこそが最も大切な使命であり、それ以上大事な仕事はないのです。
どんな企業の経営者もお客様が一番大事と言いますが、現実的にお客様を一番大事におもてなししている会社は少なく、実際は要望を受け入れないことが少なくないでしょう。
リッツカールトンが目指すのは、お客様が気分がいいと感じることなので、それ以上の規則というものはありません。
それこそが重要なマーケティング戦略であり、ホテルに規則があるとすれば、それはお客様が気分がいいと感じることです。
お客様が気分がいいと感じる、心のこもったおもてなしと快適さを提供することが、リッツカールトンのクレドです。
リッツカールトンは、お客様に心あたたまるくつろいだ洗練された雰囲気を常に楽しんでもらうよう、質の高いサービスと最高の施設を提供しています。

コメント